『研修先』によって医師としてのスキルが大きく変わる

在宅診療医への転職を目指す皆様にとって、専門医の資格取得は一つの通り道になると思いますが、専門医となるための内容については先ほど、簡単にではありますがお伝えさせていただきました。

そこに記載のあった一つのポイントとして、押さえておきたいのが「研修先」の存在です。
一定期間、同じ場所において在宅診療における経験を積むこととなるのですが、そこでどのような研修先を選ぶのか、これによって医師としてのスキルが大きく変わることにもなるでしょう。

研修先選びのポイント

在宅診療医を目指す皆様にぜひ押さえていただきたい研修先選びのポイントとしては、まず連携先に関する事務処理を効率的に処理するための体制を構築されているのか、という部分を確認してください。

というのも、在宅診療を行っている診療所は数ありますが、やはり色々な診療所があるもの。
中には患者さんの診療が全て終わった後で、カルテや診療情報に関する提供書を作成する所も多いのです。
そうなってくると、全ての業務が終了してから他の仕事に取り組むこととなり、日々の帰宅時間が遅くなってしまいます。

在宅診療を行っている診療所には、ICTをうまく活用するなどして、医師の負担軽減を実現している所もあります。
同じ研修を行うなら、やはりこういった仕組みを上手く構築されている所で学んだ方が、今後自分が開業することを考えた時に大きな学びになるでしょう。