在宅診療医になるためのポイント

在宅診療医になるためには、専門医の資格取得をすることが一つのポイントとなることを先ほどはお伝えさせていただきましたが、もちろんその他にも重要視したいポイントがあります。
一つは現場で働くためにどのようなスタイルを目指すのか、その方向性をしっかりと定めておくこと。
雇われ医師として働くのか、あるいはその後開業を目指すのかということですね。

雇われ医師として働くのか開業を目指すのか

もしあなたが開業を目指すのであれば、まずは「現場における経験をしておくこと」が大切です。
在宅診療医へと転職するためには経験は特に必要ありませんが、開業することを転職前に検討されているのであれば、まずは一度転職してみるというのも一つの手かもしれません。。

開業という将来的なビジョンをもし既にお持ちなのであれば、とにもかくにもまずは在宅診療を行っている医師の元で経験を積み、知識などもつけておくことが大切です。
在宅診療が増えているからという理由で、安易に開業を行う医師も増えているそうですが、いくらニーズが高まっているとはいえ、やはり現場における経験は何よりも重視しておきたいところです。

経験不足によって起こりえる様々なトラブル、そういったものが開業後の診療所の運営に対して大きく影響を与えてしまうことも少なくありません。
在宅診療への転職という意味では少し話が逸れてしまったかもしれませんが、ぜひ皆様にはこういったことは覚えておいて頂きたいところです。