取得しておきたい資格

さて、在宅診療医についての詳細をお話する前に、まず一つ知っておいていただきたいのが「日本在宅医学会専門医」という専門医の資格についてです。

この資格は日本社団法人「日本在宅医学会」が認定している制度となり、在宅診療医を目指す医師としてはぜひとも「取得」しておきたい資格といえるでしょう。
この専門医試験を受験するためには、まず5年以上医師としての経験が必要となります。
経験をお持ちの医師の方であれば、その後1年間以上の在宅研修プログラムを各在宅研修施設において申請し、このプログラムを無事に修了する必要があります。
そして、プログラム修了後に試験を合格して晴れて専門医を名乗ることができるようになります。

画像出典元:http://jsfhm.org/yakuin

在宅医療を5年以上実践していれば専門医試験を受けられる

また、ご自身が自ら在宅医療を5年以上実践しているのであれば、その実績に基づいて専門医試験を受けることができる実践者向けのコースも別途設けられているのが特徴です。
その他の専門医取得条件と比較してみると、在宅診療に関する専門医取得へのハードルはそれほど高くないことがご理解いただけると思います。

もし皆さんが在宅診療を志すのであれば、まずこの資格を取得しておくことで今後の展開を有利にできるのは間違いないといえるでしょう。