今後転職するなら在宅診療医がお勧め

医師として新たな道への転職を考えているのであれば、今後ニーズが高まることが既に分かっている在宅診療医への転職がお勧めです。
他の診療科目でも、もちろん今後ニーズが高まる科目はあります。
しかし、ここで在宅診療医への転職を勧めるのには一つの理由があるのです。

高齢化社会へと進んでいる日本のことを考えれば、今後在宅診療という新たな形態が広まることは間違いありません。
しかし、在宅診療に関する魅力はそれだけではありません。

今後は地方でも在宅医療のニーズが増えていく傾向

昨今、日本において「地方に関するブーム、流行」が密かに増えているのにお気づきでしょうか。
ふるさと納税による地方への還元、全国道の駅に関する名産品ブームなど、一昔前であれば全て「都市部」で完結していたはずのものが、徐々に地方へと戻りつつある印象があります。

民間病院は地域密着型の病院として周辺住民の方々と密接に結びついています。
参照元:神奈川県の医師求人事情 https://www.dr-10.com/

また、各地域における町おこし運動の活発化、そして地方へと流れて行く新しい若い世代の方々。
農業への回帰を検討する若者もかなり増えてきており、今後は一極集中ではない新たな道が拓けていくと、一部では囁かれ始めているのです。

もしこの話が本当ならば、地方が今後潤っていくことが考えられますよね。
僻地などにおけるニーズがもっとも高い在宅診療は、高齢化によるニーズの増加だけでなく、このような経済社会の動きによって加速度的に利用者が増加する可能性も含んでいるのです。
もし皆さんが転職を検討されているのであれば、このような理由が在宅診療にはあるということを、ぜひ心の片隅に置いておいて頂きたいと思います。