高齢化社会と地域による医療格差

今、日本はみなさんもご存知の通り高齢化社会を迎えています。
若年層と比べ、老年の方の比率は今後もどんどん増加していきます。

また、都市集中型の経済社会における一つの大きな弊害として、「地域格差」が依然として存在していることも様々な面で問題として取り上げられることがありますよね。
そういった様々な波は医療界にも波及しており、地域による医療格差なども生じているのは既に広く知られているところです。

「在宅診療」のニーズが広がっている

さて、昔の日本では病院の医師が往診するようなこともありましたが、最近では徐々に減ってきているようです。
その代わりとして、知名度を広げてきているのが「在宅診療」という新たな分野なのです。

国民会議がまとめたある報告書には、日本の医療提供体制に抜本的な見直しが必要だという訴えが記載されています。
それは、病院完結型の医療から地域完結型の医療へと「変化させていく必要がある」というものです。

実際に在宅診療医のニーズは徐々に広がってきています。
有る程度在宅診療に関する経験を積んだ医師は、その後開業されるケースも多いようです。
実際、それだけの需要が様々な場所に埋もれている、ということでしょう。

医師転職情報として、今回は在宅診療医師へ転職する方法、そしてメリットをご紹介していきたいと思います。

画像出典元:http://sekishinkai-sayama-cl.jp/housecall/